So-net無料ブログ作成
検索選択

ハノイ(その1) セントレア~NOI BAI(ハノイ)国際空港まで。 2016-04-23 [海外旅行]

業務出張でハノイへ



業務出張でベトナムの首都ハノイへ行ってきました。目的は技能実習生の採用面接。

技能実習生の制度は現代の奴隷制度である、けしからん、低賃金で雇い入れて若い日本人の雇用を奪っている、このように人権問題に絡めて問題視する風潮もあります。でも私が勤務するような中小企業にとっては、安定的な労働力確保は死活問題となりつつあり、少子高齢化の影響を強く、危機的にすら感じています。

だいたいパートのおばちゃん達は頑張っているのに、若い日本人は勤務数日で無断欠勤、そのままバックれてしまうんです。雇用を外に頼ることは当然の流れのような気がします。

確かに制度自体の悪い部分も聞こえてはきますが、それは制度自体を悪用することを前提としている業者や、政争の道具に使っている政治家、面白いネタ探しに必死になっている一部マスコミの誇張によるものと思っています。

今回面接をしたベトナムの女の子の世帯月収は3万円ほど。ジャパニーズ・ドリームを掴みたい子と、我々の思いが一致した仕事でした。私にとっても、この採用面接の仕事は最高レベルの集中力で行うよう意識しています。
【人生を変えてしまう】、ベトナムの子がたとえそこまで思っていなくても、私はそれが大袈裟とは言えないくらいの強い気持ちで臨みました。

ただ、業務内容を書くブログでもないので、普段の【ですます調】を改め紀行文風にしてみました。カテゴリー分けも海外旅行としました。
*****************************************************************

2度目のハノイ



私がベトナムを訪れるのは2015年9月に続き2度目。今回も業務出張なので一人旅ではなく、他社の担当者3名とその私たちを引率する管理団体の人の計5人での行動となった。私たちが技能実習生を受け入れる側、つまり顧客側であるため管理団体やベトナムの現地法人から非常に手厚い接待を受ける旅となった。

飛行機はなんとビジネスクラス



DSC03950.jpg
今回はなんと人生初のビジネスクラス。ビジネスクラスの証のチャーリー(Charlie)のCマークが良い感じでだ。

DSC03946.jpg
利用する便はセントレア~ハノイ間のベトナム航空VN347便、尾翼に蓮のマークのある飛行機。

DSC03951.jpg
チェックイン後は保安検査を早々に、免税店もスルーしてラウンジへ直行。せっかくのチャーリー、さくらラウンジを使えることなんて個人旅行では考えられない。早く飲みたかったこともあるが。。。
このラウンジはセントレア国際線側の搭乗ゲートに向いていて、各航空会社の機体が並んで本当にいい眺め。食事も豊富な感じだが、せっかくのビジネスクラスに乗れるのだ。機内食に期待して私はビールを3杯少しだけにしておいた。

さて搭乗



DSC03952.jpg
ビジネスクラス優先搭乗で座席に着くとウェルカムドリンクのシャンパンが。グラスの蓮のマークがいちいち憎い。

DSC03953.jpg
座席は2-2。足元は広々としていてもリクライニングは浅めかな。シートも古い感じだし。でも5時間弱の近距離フライトなら十分に満足できるであろう。

DSC03957.jpg
10:30に出発。

DSC03967.jpg
マリメッコのFINNAIRと

DSC03971.jpg
シンガポール航空を見送って

DSC03974.jpg
離陸。

ビジネスクラスは何とも優雅。リクライニングが浅めというものの、普通の角度にしていてもエコノミークラスのシートを浅く倒したくらい。

機内食まではしばらく時間があったので、私はハノイの喧騒、水と緑豊かな農村風景、屈託のない人々の笑顔を想像していた。最高の妄想、弛緩の時間帯だった。

機内食



DSC03985.JPG
私は洋食をチョイス。

DSC03983.jpg
テーブルクロスが敷かれ、ビアハノイ(BIA HANOI)で乾杯。そしてカナッペ。

DSC03988.jpg
スモークツナとローストビーフ。これは美味しく、一切れ一切れビールと一緒に楽しめた。

DSC03990.jpg
ガーリックバターの強烈なパンも暖かくて美味しかった。シートがゆったりとしているので、飛行機に乗っているとは思えない、窓の外の景色を眺めながら気持ちの良い時間だった。(窓の外は五島列島の辺り)

DSC03991.jpg
海鮮焼うどんは美味しかったけど量が多すぎた。パンを食べすぎてしまった。

DSC03992.jpg
食後は、フルーツ・チーズ・カット野菜がとり放題!

東シナ海に出ると急に機体も高度を上げるのが分かりました。少し見えていた島が小さくなっていくし。そして食後は機内も照明が落とされ暗くなり、私もすっかりいい気分で酔ってしまいそのまま寝てしまった。

着陸



数時間後、目が覚めると着陸態勢に入ったアナウンスが流れ降下開始。かなりの時間が経っても、厚い雲で眺めが悪いまま。

DSC03995.jpg
やっと見えた時には、かなりの低高度を飛んでいて工場の屋根の文字も読めるくらい。

DSC03996.jpg
ハノイとは漢字で書くと河内、

DSC03997.jpg
川や池、水辺が多いことに由来するようだ。

私はベトナム航空はこれで3回目のフライト、毎回感じることは着陸がソフトなこと。タイヤが接地するドスンという感じでなく、スーッという感じだ。
機体が小さく軽く制動距離も短くて済むから滑走路を余裕を持って使えるのかな、だから滑るように着陸するのかな。と思ってしまう。

そして機体のドアが開く楽しみ、どれほど熱帯の蒸し暑い空気が飛び込んでくるのか、これは寒い時期の日本から南国へ行く時の楽しみだ。

でも今回は・・・ボーディングブリッジに出た瞬間、機内にカメラを忘れたことに気がつき、それどころではなくなってしまった。もちろんCAの人がしっかり持ってきてくれた。

ノイバイ国際空港の入国審査の列は臨機応変に対応している感じだった。人数が増えてくると私たち外国人もベトナム人用レーンに並ぶよう促されるなど、流れが良くなる指示を出してくれるのでスムーズに外に出ることができた。

IMG_4754.jpg
出国のスタンプを押してもらい、荷物を受取ると足早に空港外へ。半年ぶりに会う現地の担当者も待っていたし、何よりも私自身少しでも早くベトナムの空気を感じたかった。

DSC04003.jpg
そしてターミナルビルの外へ。モワンとした湿気を含んだ空気、クラクションの音、排気ガス、いくら暑い場所が好きだとはいえ、まだ寒い日本の春からの急な環境変化には頭がくらくらしてしまった。

DSC04004.jpg
ビルを出た場所は、排気ガスも一番濃い場所ともなる。頭がくらくらしたのは暑さだけではないのかも。 それでもベトナム、ハノイに着いた。私の中でテンションが急上昇していくのがはっきりと分かった。


~ハノイ(その2)1日目~へ続く。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。