So-net無料ブログ作成
検索選択

続・香港。 セントレア~香港国際空港まで。 2016-10-06 [海外旅行]

もう何年も前になるか、おそらく20年以上は前になると思う。私は沢木耕太郎の深夜特急に出会い、むさぼるように夢中になって読んでいた時期があった。

きっかけはもちろんTVの電波少年。そう猿岩石のヒッチハイクの旅で著書を知り、読み始めたのだ。それからも数年に一度のペースで思い出したかのように読み返すことをしていた。もちろん全編通して面白かったが、地理的に近いアジアということで香港へいつかは行きたい、できるだけ早く行きたいと思いつつ、思っているだけで行くことがなかった。【ちょっと行ってくる】とするには遠すぎると勝手に思い込んでいたからだ。

と、9月のある日、突然私の目に格安LCCの香港エクスプレスの激安セールのWeb広告が飛び込んできた。

F5304DE6-1030-4D35-A826-F75B811E3174.JPG
なんとセントレアから香港まで片道580円、諸経費に座席指定料金や優先チェックインサービスまで申し込んでも往復で総額約12,000円。

狙いどころは私の仕事の落ち着く月末月初のわずかな間。限られたスケジュールのため売切れ便も多く、旅程が組めない。やっとのことで見つけた日程が往路10/3、復路10/4の便となってしまった。

一泊二日の弾丸旅行だ。弾丸旅行どころか、飛行機に乗るためだけに香港まで行くようなものだ。もう1泊したいのは当たり前、でも1日延長してしまうと、復路便はセールの席が売り切れだったのか10,000円以上する。最安値じゃないと家族を納得させられないのだ。我が家の財務大臣の認可を受けるために、最安値の1泊2日の往復フライトを購入した。

**************************************************************
さて出発。

今回の往路はUO657便、14:30にセントレア出発、17:40(香港時間)に到着予定のもの。復路はUO656便、13:15に香港発、17:50分にセントレアに到着するものだった。

DSC05355.jpg
セントレアのチェックインカウンターへ。予めウェブチェックインは済ませておいたが、空いていたのでカウンターへ寄ってみた。このまま保安検査場へ向かえばいいのかスマホのQRコードを見せたところ、パスポートのアップデートをしたいから受付をするとのことだった。預け荷物もなくチェックイン済とはいえ、国際線は念のためカウンターへ立ち寄った方が良さそうだ。そのため紙の搭乗券をもらった。

そしてLCCなので保安検査場に入ってしまうと使えるラウンジがない。ここは焦らず出発ロビーのカードラウンジへ。

DSC05359.jpg
さすが平日の昼、ラウンジはガラガラ。ビールを飲みながら、もう何回目だろうか、深夜特急を読む。

IMG_0060.JPG
そして出国。やはりパスポートのスタンプが増えていくとうれしい。後日見直して、旅を思い返すことを楽しむのは私だけではないだろう。

IMG_6245.jpg
免税店エリアも慣れてきてしまった。でも私はこの 【慣れ】 が嫌だ。せっかくの海外旅行、非日常の空間なのだ。激安チケットとはいえ、仕事やお金のハードルをクリアしての出国だ。私はいつまでも初々しく免税店をあちらこちら搭乗時間までうろつく人でありたい。

DSC05361.jpg
何か珍しい飛行機が停まっていないかブラブラしていると、エティハド航空のマンチェスター・シティの特別塗装機が着陸してきた。機首の Blue Moon Rising や、ウイングレットのサッカーボールが良い感じだ。

DSC05365.jpg
私が乗るUO657便が着陸してきた。20分遅れということだが、ホテルのチェックインには間に合うだろう。機首に low-fare airline (低運賃航空会社) と書いてある。エティハド航空の Blue Moon Rising とは大違いだ。

さすが激安LCC、10月初めの平日でも搭乗率はほぼ100%、私が見た限りでは空席はなかった。ただ、運賃が安いとはいえキャビンクルーのサービスは良かったように思う。もちろん機内食も飲み物も頼んでいないのでサービスの良し悪しは分からないかもしれないが、搭乗客へ接する笑顔や立ち振る舞いは想像以上だった。絶えず自然な笑みを浮かべながら対応をしていた。

DSC05390.jpg
雲の切れ間から高層ビルが見えてきた。今回は香港島の南側を通り西側から着陸する航路のようだ。

DSC05392.jpg
海の上に橋?を作ってるようだ。かなり長い。

DSC05394.jpg
海ほたるのようなものだろうか。

定刻より15分遅れで到着。

DSC05398.jpg
最近は加速して飛行機マニアになりつつある長男から、セントレアでは見ることのできない飛行機の写真を頼まれていた。もちろんA380は筆頭だ。ただ、撮れたのがコレ(中央のルフトハンザ)。小さいコンデジで誘導路走行中に撮ることはこれが限界だった。

DSC05399.jpg
カンタスのジャンボは綺麗に撮れた。

DSC05401.jpg
機内2列目の座席のアップフロントシートだったので、ドアが開いてすぐ降機。滞在時間数時間の私の香港が始まった。


空港から、につづく。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。