So-net無料ブログ作成
検索選択

香港その3。香港国際空港到着からホテルまで。 2016-10-11 [海外旅行]

滞在数時間の香港



前回の最後、【滞在時間数時間の私の香港が始まった。】などとかっこつけて終わらせたが、その時の私は早く香港の街にたどり着きたい気持ちで大変焦っていた。

到着が18時、夜中(24時くらい)まで遊んだとしても6時間程度しか遊べない。入国や移動に2時間かけてしまったら残り4時間となる。とにかく時間がなかった。

そしてホテルのチェックインは20時まで。それ以降になると電話で係の人を呼び出す必要があるらしい。英語で伝えることには問題ないが、仮に中国語しか話せない人だと考えると余計焦ってしまうのだった。
 

降機後



香港到着、機外に出た後はズンズン歩いていく。

DSC05402.jpg
空港内はとても分かりやすく案内板に沿って行けばいい。途中でその行先表示が消えてなくなるなんていう、名古屋の地下街のような不親切さはない。

DSC05406.jpg
案内に沿ってエスカレーターを降りていくと電車のホームに着いた。なるほど、ターミナル間の移動は電車、特にLCCだから端っこのゲートに着いたんだなと解釈した。

ターミナル間の電車移動はチューリッヒで経験しているので何とも思わないが、初めての場合はそのまま空港外に行ってしまうのではないか?との不安も感じるかもしれない。私はそのチューリッヒでものすごく不安だった。
実際に帰路の便に乗るためにこの電車に乗っていると、不安そうな顔をしたインドネシアの青年に大丈夫かと何度も聞かれた。

DSC05405.jpg
右端の駅から入境検査の左端の駅まで。電車の各駅間は5分もなかったように思う。いくら巨大空港とはいえ電車ならすぐついてしまう。もうすぐ電車が来ることも何となく漢字で分かった。

入国審査もあっさり通過。さすが香港の大空港、審査ゲートの数も多くほとんど並ぶことなく通過(もちろん写真なし)。猛烈に並んだ台北桃園空港とは大違いだ。預け荷物もなかったのでそのまま出ると、正面にエアポートエクスプレスの乗り場がすぐに見えた。

エアポートエクスプレスで移動



DSC05409.jpg
電車に乗るためにオクトパスカード(日本でいうトイカやマナカのようなIC乗車カード)を購入。ここで買ってそのまま向こう側にあるホームで電車を待った。なぜなのかは分からないが改札ゲートらしきものがなくそのままホームに行けた。だから逆にそこがホームと思わず、改札ゲートを探して少し時間がかかってしまった。

エアポートエクスプレスは本当に快適。車内も混んでいない、というよりガラガラだ。旅行者にとっても割高に感じるようで、バスで移動する人が多いようだ。
九龍や香港駅まで料金は約100香港ドル、1400円くらいか。出発の間隔も10~10分おきなので妙に焦ることもない。
空港から九龍駅まで40分くらい、終点の香港駅まで乗っても50分くらいだ。

九龍で下車、そして迷子



DSC05410.jpg
この時はの私は九龍駅で降り、歩いてホテルへ行こうと決めていた。ネオンのJordan Road(佐敦通)をぶらつきながらホテルへ行こうと考えていたが、これが大間違いだった。駅の外に出てしまうと東西南北はもちろん、道路標識を見ても自分がどこにいるか全く分からなくなってしまったのだ。頼りのGoogleMapもwifiが不安定で現在位置がフラフラして落ち着かない。
そして方角が分かったとしても、やたらと工事中の所が多く歩道がない。車道を歩くわけにもいかず、歩道橋のような高架をあちらこちらウロウロ。
しかも夜でもものすごい蒸し暑さ。10月とはいえ香港は南国だ。Tシャツ短パンのにしておけばよかった。

IMG_6246.jpg
一瞬南側にある香港島の夜景が遠くに見えた。右手に見えるということは、私が向かおうとしている東側で間違いなさそうだ。だが相変わらずどこを歩いているのか分からない。
一度は間違えて入ってはいけない所へ入ろうとして警備員に止められてしまった。ただその警備員に道を教えてもらった所を歩いていくと、人が一気に増えてきた。

やっとのことで Jordan Road(佐敦通)へ



IMG_6248.jpg
急に人が増えた覚えがある。人が多くて歩くのが難しくなったので覚えている。ものすごい人だ。ネオンも見えた。

IMG_6247.jpg
路線バスも2階建ばかり。

ホテル・コネクスト



IMG_6251.jpg
30分ほど迷い歩き、やっとのことで宿のある雑居ビルが見えた。窓から光が見えない怪しさ満点の香港の安宿。男の一人旅だからこそ楽しめる。

雑居ビルにホテルの看板はないが、ビルの中に入ると小さく掲示されていた。エレベーターは3つ。そのエレベーター前には警備員が一人座っていた。エレベーターはひっきりなしに動いていて乗っているのは男性ばかり。なかなかしびれる環境だ。なかなかいい絵図なので写真に撮りたかったが、私もビビッてできなかった。

DSC05461.jpg
エレベーターを降り、こんな感じのところを歩いていくと、場違いなくらい綺麗な一角がある。そこがホテル・コネクストだ。

caption (1).jpg
今回の宿のホテル・コネクスト。雑居ビル内の安宿だが怪しさ満点どころか、実は最近リノベーションもされており清潔なホテル。下調べをしていると【寝るだけなら十分・狭いが清潔】といった書き込みが多かったホテルだ。

DSC05462.jpg
本当に狭くて驚いたが、同じくらい清潔な部屋で驚いた。香港の安宿、湿っていて虫が這い回る・・・なんてイメージだったが。
この写真を撮った時、私の背中は入口のドアに当たっており、右肩はトイレ兼シャワールームのドアに当たっていた。ベッドと机があるだけ、そしてトイレ兼シャワールームなので、シャワーを浴びたら洗面台も便器も何から何までびしょ濡れになってしまう狭さだ。

一泊だけの一人旅、私だって寝るためだけのホテルの方が良い。ただでさえ高価な香港のホテルの相場、一晩寝るだけなのに普通のホテルなんてもったいなくて予約すらできなかったから。

1泊10,000円以上は当たり前、普通のビジネスホテルのようなシングルの部屋でも20,000円近くする。ドミトリー以上で安いホテルを探していて見つけた。この時は1泊5,000円弱、何とか満足できるホテルだった。

チェックインも簡単。汗だくで歩いてきたので蒸し暑いを何度も繰り返す私、そしてなぜか私のファーストネームが面白いのか笑顔で何度も聞いてきたフロントの気さくな女性二人組、少し話をしながら鍵の使い方を教えてもらった。

片言の英語でも十分通じる楽しい一瞬のひと時だった。

空港からの道のり



2016y10m11d_152556088.jpg
エアポートエクスプレスで終点の香港駅まで行き、中環でMRTに乗り換え佐敦駅で降りればホテルはすぐだった。(緑色の線)
下手に街歩きを楽しもうとした私は、九龍駅を出てすぐ迷子になった。(赤色の線)

チェックインも済ませた。早速街歩きに出かけた。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。