So-net無料ブログ作成

一次通過 2016-06-26 [アレコレ]

英検の一次試験合格発表、予想通り 残留 通過。

何でも配点から、現時点でどのレベルにあるのか分かるようだ。私は準2級を受験したが、獲得点数は2級合格レベルか否かのところまで分かるらしい。
残念ながら私は2級合格レベルではなかった。これは完全に語彙力の問題だな。

IMG_5444.jpg
次は二次試験の面接。とても聞き取りやすい発音で話しかけてくれるのだろう。ただ、私にとって正しい英会話は人生初。学生の頃は受験英語そのものだったので、このような受験方法は初めてだ。

とはいっても面接官もそれなりに経験を積んでる人だろうから、私のブロークンイングリッシュをどう改めて臨んできたかも判断してくれるだろう。

なんだか、こういったこと。新たな世界を知ることは、やはり面白い。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

続・英検受験。 2016-06-20

続・英検。

自己採点の結果、ほぼ間違いなく一次試験は通過だと思っている。
受験後に感じたこともピタリと当てはまり、語彙力の低下から問1で間違いが多かった。逆に問4・5の長文問題は、文章の流れで内容が理解できるので全問正解。

意外だったのが、リスニング。かなり間違いが多かった。ロックを聴き続けていたからなんてことは関係なく、場慣れしていなかっただけ。一語一句を聴こうとして失敗しただけ。これはいい教訓になったかな。

二次試験は面接がある。さてさてどんなことになるやら。これまでの、『 one beer,that's one,that's one,all!』の勢い英会話が通じるわけがない。
さてさてどうなることやら。あ、その前に正式な(一次試験)合格発表があるけど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

英検受験。 16-06-13

58_n.jpg
6/12(日)、英検を受験してきた。今さら何を?といった感が強いが、私にとっては久しぶりの検定試験だった。仕事に関係のない試験として思い返すと、いつ以来なのか記憶にないくらいだ。ひょっとすると小学生の頃のそろばん検定以来かもしれない。

このブログに何度も出てくる通り、基本的に私は体育会系の男。学生時代はハンドボールとアルペンスキー、就職活動に向け資格勉強をする友人を横目に、教室よりも部室や運動場で過ごすことの方が多かった私には無縁の世界だった。
社会人になってからは登山と自転車に夢中。それでも学生時代とは違うので、仕事に関連する検定試験は受けてきたし、同様の国家資格は取得した。ただ自発的というか、自分自身で進んで受験することは皆無だった。あえて考えたのは、新撰組検定やビール検定等のような、趣味の検定ばかり。それも結局は資格マニアでもないので前に進まなかった。

今回のきっかけは娘の受験。4級を受験するというので教えていたところ、完ぺきに理解できる。そもそも4級は中学中級程度なのだ。試しに3級(中学卒業程度)の過去問を解いてみると、これも完ぺき。

じゃぁ2級(高校卒業程度)となる訳だが、準2級(高校中級程度)で申し込みをしてしまった。これはレベルを下げた訳ではなく、準2級を経験しておくことで、後に受験するであろう娘のために、どんな程度か知っておきたいこともあったから。
私自身、英検の受験は全く初めての経験だったので好奇心が働いたこともある。TOEICではなく英検としたのも、子供達が今後受けるだろうと思ってのこと。

肝心のテストの方は準2級ということで、特に難しく感じることもなく回答できたか。ただ、語彙力(単語力)の低下に多少苦しんだ印象もある。長文問題はなんとなくの流れで回答できるものの、短文回答となると全く分からない問題もいくつかあり、日々の積み重ねがモノを言うところだった。
英語を勉強しなくなってから20年以上、単語や熟語は恐ろしいくらい頭から消え去っていた。

さぁ、結果はどうだろうか。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ