So-net無料ブログ作成

日々是業務。 2016-07-17 [アレコレ]

私の仕事柄、7月というのは稼ぎ時。つまり仕事の連続でまともに休みが取れない。しかも、落ち着いた頃に代休を、といった計画も立てられず日々是悶々。
もちろんこの三連休は出勤だ。それどころか、『連休?何それ、食えんの?』といった有様で、休暇として二日以上休んだのは、年初1月の台湾旅行以来取得をしていない事実に愕然としてしまう。

もう走って逃げ出したいと考えてるうちに、クリス・フルームのランニングを思い出してしまった。ツール・ド・フランスで、あれ程衝撃的な場面を私は見たことがあっただろうか。

RTSHXKG-1170x658.jpg
業務の疲れをフルームの『あの』パニック具合に身勝手に重ねてしまい、急にフルームのことが好きになってしまった。

何だか文章支離滅裂、ご勘弁ください。
nice!(0)  コメント(0) 

2006年ツールの思い出(第2ステージ)。 2016-07-07 [サイクルロードレース(観戦)]

日々のツール観戦、やはり面白い。そして日中の暑さの疲れと寝不足で毎年のことながらこの時期は朝が辛い。今年のJスポ実況解説人は地味というか、無駄に大騒ぎするゲストの招へいもなく、私としては素直に楽んでるかな。
 
土井選手や宮澤(元)選手の解説やレース時の思い出話なんかは、『おー俺も見てた見てたそのレース!』といった感じで、少し懐かしさすら覚えてしまった。
先日も、2006年のツールの動画を見たこともあり、余計懐かしさを大きく感じてしまった。

その2006年のツール第2ステージ。

28665.jpg
この後姿、このマイヨ・ジョーヌ、そしてディスカバリーのジャージ。もちろんランスではない。ジョージ・ヒンカピーだ。『イエローが似合うってランスから電話があった。』って喜びのコメントをしていたけど、私としてはランスのアレもあり、完全にくすんでしまった。

boogerd-tdf.jpg
ラボバンクのマイケル・ボーヘルトがオランダチャンピオンジャージを着てアシストしまくり。もちろん歯もむき出し。

28828.jpg
ロビー・マキュアン会長が勝ったが、スプリント時にフースホフト(当時はハスホフト)は会長の斜行気味のスプリントに足がペダルから外れてしまい、それでももがき続けゴール後に怒りのアピールをしてる。

28679.jpg
ボーネン若い!というかアルカンシェルだ。

28678.jpg
バルベルデも若い。UCIプロツアーのリーダージャージを着ている。ただし、当時の私はマイヨ・ブランとの違いが分からず混乱していた。

28667.jpg
この大集団スプリントを目にして、一発で夢中になってしまたっ。

28684.jpg
敗れたM・ケスラー。でも私の記憶に強烈に残る選手となった。

初めて見たツール・ド・フランス。本当にこの2006年が一番夢中で見ていた気がする。


nice!(0)  コメント(0) 

10年前のツール。 2016-07-03 [サイクルロードレース(観戦)]

私がサイクルロードレースを観戦するようになったのは2006年のツール・ド・フランスから。その当時の私が知っている自転車選手といえば、中野浩一と橋本聖子くらいだった。まぁ橋本聖子はスケート選手なのか自転車選手かどうかは別として、夏季五輪の自転車競技に実際出てるのだから。

その次に知ったのはランスではなくベッティーニ。既にMTBには乗っていたので買った自転車雑誌に載っていた。そんな程度の知識でもあったが、MTBのローラー練習用にと友人がJスポを録画してDVDでくれたのが2006年ツールの第2ステージだった。
MTBの練習の退屈しのぎに、ロードのDVDをもらったりする辺りが、何の前知識もなかったことが分かる。

当時の私の知識はサイクルロードレースとは200kmくらい走るということ、その為持久力が勝負のマラソンみたいな感じと思っていた。スタート直後は集団、最終的に数人に絞られてゴールするんだろうと思っていた。(ステージレースでいう山岳ステージのようなものと思っていた。)

今から思えば勘違いも甚だしいが、初めて見る人、全く知識のない人間が想像するとそんな感じだろう。でもツールの第2ステージといえば大集団スプリントの平坦ステージ。無知のままあのド迫力のゴールスプリントを見たため受けた衝撃も大きく、一発で夢中になってしまった。

全くの無知識で見ていたので、ステージ序盤で落車・鎖骨骨折リタイアとなったバルベルデのことも知らなかったし、オペラシオンプエルト?何それ、ウルリッヒ?ヴィノクロフ?なんだそれ?のレベルだったが、そんな私を虜にしてしまうくらいの面白さをすぐに感じた。

それからこの第2ステージは当時Tモバのマティアス・ケスラーがアタックをかけるも、ゴール100mくらいの所で集団に飲み込まれるというサイクルロードレースの切なくも残酷な勝ちと負けが明確に分かれるステージでもあった。


これが動画、ゴール直前は13分くらいから。ちなみに勝ったのはR・マキュアン会長。


そしてそれだけではなく、翌日もM・ケスラーはゴール前で飛び出しロングスプリントというか逃げに出た。ゴール直前、前日のシーンの繰り返しになるかと思ったが、それでも踏み続け勝ってしまった。

この勝ちと負けがはっきり分かれるところ、2位以下は負けの潔さが私がこの競技を好きになったところだった。

実はこのM・ケスラーもドーピングの陽性反応が出て一線からは姿を消してしまった。

nice!(1)  コメント(0) 

6月まとめ。 2016-07-01 [アレコレ]

あっという間に2016年も折り返し。6月は・・・メタボ解消ペースのローラー練習をするも、自転車の練習なのか、練習後にうまいビールを飲むための運動なのかよく分からない季節になってきた。

それ程に身体を動かして流す汗の気持ち良さを感じられる季節になり、この蒸し暑い時期が私は実はとても好きなのだ。普通の人なら嫌がるジトッとした暑さも、私にとっては身体の切れが良くなる気がする。

平日休みの先日も、朝から炊事洗濯ゴミ出しナドナドの家事をやっつけた後でローラー2時間。本当に今日はフル回転だなと独り言をブツブツ言いながらも、流れ出る大量の汗が本当に気持ち良かった。練習直後にシャワーで汗を流すも、その後1時間くらいは身体のほてりが収まらず、もう一度シャワーを浴びる有様だった。

IMG_5446.JPG
夕飯の買い物も頼まれていたので、ビールとつまみの豚足も購入。平日の静かな午後、好きな音楽を聴きながらの昼ビー(昼に飲むビール)は本当に美味しかった。

20155097_277017_670.jpg
さぁ、7月。ツールが始まる、寝不足が始まる。英雄たちの夏物語を今年も存分に楽しみたい。


nice!(0)  コメント(0)