So-net無料ブログ作成

多度山MTB。 14-09-19 [MTB]

意識を失うことを続けていたシマリスのサンディも少し元気になってきました。毛が抜けた箇所も徐々に生えてきて一安心。

IMG_1399.JPG
食が細いのでまだ全快ではないはず、でも一時期の深刻な状態からは抜け出してきた感じです。

*****************************************

今日はMTBで多度山へ。久しぶりにハイキングコースから上ってみました。

P9190003.jpg
上りはじめからの急登

P9190006.jpg
相変わらずの簡易舗装

IMG_1476.JPG
最近は多度峡から上ることが多かったので本当に懐かしい感じでした。

IMG_1479.JPG
空気も澄んでいて眺めも良い。

IMG_1486.JPG
その後は尾根道を行って戻って。一人で乗っていたので無理せずスピードも抑え目で。

IMG_1492.JPG
帰りは多度峡を。かなり下りて来た時に見つけたのがこの看板。30鉄塔ってあの眺めのいい鉄塔のことか?しかも近道ってことはかなりの急坂なのかも。MTB的にはどうなのだろうか、まぁ私のような下り苦手系には関係ないルートかも。

気軽さはロードに軍配が上がるけど、それにしてもMTBは本当に楽しい。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

多度山吹雪MTB。 26-03-10 [MTB]

代休の今日は多度山へ。夕方まで完全自由時間ということだったので、久しぶりにMTBで二之瀬から多度峡までの林道をコッテリ楽しもうと。

morning.jpg
でも・・・雪雲で多度山が見えません。木曽三川の橋の上でもすごい風と雪です。記憶が曖昧なルートを行くのは怖かったのでやめにしましたが、そのまま引き返すのも嫌だったので多度峡↑で多度峡↓としました。

before.jpg
吹雪だったのは木曽三川だけだったようで、天然プールの辺りは無風で晴れていました。

10.jpg
多度峡を進むと、こんな感じが

6.jpg
こんな感じになり、テンション高めで一人で楽しんでいました。雪と氷でへダルがはまらず足が浮いてしまい怖い思いをしながらも、やっぱり雪のMTBは本当に面白いですね。
頭上から落ちてくる雪、時折太陽に当たり輝く山の景色に一人大満足していました。

4.jpg
今日はススキ道からシングルトラックへ行くルート。高圧線の鉄塔に当たる風の轟音が大きく怖いくらいでした。

287.jpg
古いタイヤなのでスリップしながらも下り始めてからは最高の気分だったのは尾根道だけで、本格的に下り始めてからは雪で濡れたジャージが一気に冷えきって寒くなってしまいました。おまけにフロントブレーキが壊れてしまいアワワ…な感じになってしまい怖い思いも。本当、リアが壊れなくてよかった。

after.jpg
下山後は手の感覚がなく、しばらくはヘルメットが外せませんでした。もう寒すぎ!

5.jpg
このブログには何度も何度も書いていますが、MTBには本当に雪が似合います、雪のMTBが楽しいです。今日もそれを味わいながら楽しみました。


901.JPG
今日の新聞チラシです。競輪の全日本選手権なんて自転車好きならギャンブル抜きにしても楽しめるんじゃないでしょうか?せっかくなので行きたいが、子供達が付き合ってくれるかどうか・・・。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

多度山MTB。 25-02-12 [MTB]

2/11(月・祝)久しぶりに多度山でMTB。ロードはどうしても寒いので風が通らない山の中で遊ぼうとMTBです。

IMG_3216.jpg
早朝の多度は南の端こそ見えてるものの、白い雪雲に包まれてていて雪の中のMTBが楽しめるかもと、気分が上がります。時間が許す限りは尾根道を進もうと考えていました。

IMG_3220.jpg
多度峡駐車場から出発。アップも何もなくスタートなので、チンタラしたペースで上がります。


それにしても多度峡、以前のガレ場というかダートにふさわしい路面もハードパックされて舗装こそされていませんが、簡易舗装といってもいいくらいかな、それに近い状態に変わっていました。これはかなり上まで続いていましたし、足付き無しで上り切るつもりで頑張っていると拍子抜けするくらいフラットです。


IMG_3221.jpg
上の簡易舗装の所で雪が降り始め、ベンチで休憩しているとさらに降り続けてきました。

IMG_3227.jpg
コンディションは雪解け水が泥と一緒にシャーベット状になっていてネトネトしていたり、木立の中は完全に真っ白で凍っていたりとかなり緊張します。落ち葉が凍っているので軽い音をあげながら走ったりと、クロカンを充分に楽しんで鉄塔分岐へ。

IMG_3231.jpg
鉄塔へのあの急登を考えると行くか帰るか迷いながらも、結局は大汗流しながら進みます。その先の尾根道は楽しいですから。鉄塔は強風なのでものすごい音を立てていて気味が悪いくらい。鈴鹿の雪景色を楽しもうと思っていましたが、強風で視界もほとんどなく 僕も軽々と飛ばされそうなので 鉄塔はそのまま通り越えて奥へ。

IMG_3232.jpg
想像以上の積雪で、しかも乗れない程深くはないので存分にシングルトラックを楽しめます。

IMG_3245.jpg
そのまま進んで行って工事車両が通れるくらいの林道に出た所で折り返し。30番のもう一つ北にある鉄塔の所で、その先がどこにつながるのか見当もつかず、不安でもあったので帰ることとしました。

もちろん帰路も思う存分に雪のシングルトラックを楽しめるんですが、クリートやペダルが凍ってしまいはめ込むことができず、足が浮くことが多かったので怖かったです。
楽しすぎて写真は撮れませんでしたが、雪が舞う中で左右を木立が通り過ぎていく感覚はたまらないものがありましたね。


ただ・・・ハードパックされたタ度峡、下ってみてわかりましたが本当に変わったというか下りで怖いくらいスピードが出せてしまいます。数年前の石でゴツゴツしていたりと、いやらしいくらいに走りにくかったことがウソのようです。下の方はサドルに腰かけて降りられるくらいでした。


やっぱりMTBは本当に楽しいです。雪が降る中、凍った山の中で走り回って、何回落車したか分からないくらいですが、存分に山を楽しんだという感覚です。

----------------------------------------

2/12(月)


夜はチンタラローラー練。それ以上でも以下でもなし、特に書くことのないメタボ解消練習です。

<夜練データ>
◇三本ローラー
練習時間:1時間15分
消費カロリー:1,000kcal 
今日の感想:ロードは我慢だと痛感
今朝の体重:73.5kg


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

多度山MTB。 25-02-11 [MTB]

IMG_3220.jpg
今朝は久しぶりの多度山MTB。

もう良い酔いなのでまた明日書きます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

多度練~MTBは楽しい~ 24-11-18 [MTB]

今日は英さんと多度山MTB。集合場所の多度峡駐車場に向かう途中(僕は車)、木曽川の橋の上で強風で身体が斜めに傾いた自走中の英さん発見。本当に風の強い日だったので思わず笑いが出てしまうくらいでした。

1.jpg
晩秋なので寒いと思いつつも、紅葉はほんの少し早かったかな?

2.jpg
多度峡の紅葉屋、来週くらいがベストでしょうか。炭で川魚を焼いて熱燗飲みながら粋に眺めたいものです。

3.jpg
天プーもシーズンオフはこんな風なんですね。

4.jpg
これはトップシーズンです。

PB180678.jpg
今日は練習会でもないので本当にのんびりと。山の中のおいしい空気を吸い込みつつ気持ちいい汗も流れていました。

6.jpg
整地のために重機が入ったのか、また走りやすくなってしまった多度峡コース。前を行く英さんの見慣れた背中を見ながら進むのは安心できるものです。

7.jpg
風が強いから空気が澄んでいい景色。記憶の中でセントレアまで見えたのは初めてかも。僕たちは山の中にいるので無風状態で気持ち良くWホニョ

そこからは尾根道へ。やっぱり僕は下り系ではないな、と思う瞬間です。尾根道を上ったり下りたり、落ち葉ぎっしりのシングルトラックを走るのは本当に楽しいですね。もちろん写真は撮ってません。

8.jpg
でも・・・途中からバイクを降り、押し、担ぎ、大汗滝汗流しながら鉄塔へ。鉄塔の所は風が通るのか烈風で氷雨も舞っていました。。。。

9.jpg
知ってる人はもちろん知ってる鉄塔からしばらくは本当に気持ちいいSTが続きます。僕もあの辺りが一番好きですね。

今日はいつもの多度峡下りではなく馬笑さんに教えてもらったルートへ。楽しかった記憶があるものの今日行って思い出したのがその強烈さ。
下りの激しさと道の荒れ具合、両側からシダや木の枝が張り出して脚を引っ掻きます。僕自身今日はタイツが見当たらず覚悟の短パンでしたが、痛かったです。家帰って風呂入ったら細かいひっかき傷でヒリヒリでした。

10.jpg
道も荒れ倒木多数、ガレ場も多く乗車率は低かったです。

11.jpg
ひっくり返ると痛そうな拳大の石がゴロゴロ転がるコースでした。

12.jpg
でも、本当にこのコースを行きたかったのがこれ!目の前に広がる海津の風景に飛び込んでしまいそうな感覚です。下向いてフラフラ乗ってる時に突然目の前に広がるジャンプ台良い展望ポイント。
山の中なので風もなく遠くまで見渡せるお気に入りの場所です。

13.jpg
そしてふもとの集落へ。ミカン畑が広がりいい雰囲気です。イチョウの木もきれいに紅葉していました。


ミカン畑の中を通って多度へ。

僕自身下り系でないと言いながら今日は下りの激しいコースでした。でも本当にMTBは山を楽しめますね。季節の移り変わりとかを暑い寒いでなく草木で知ることができます。
ちょっとくしばらく癖になりそうなくらいの楽しさでしたし、英さんとのアレコレ(これが本当は一番の楽しみなのかも)話をしながら良い時を過ごしました。
たぶん僕と英さんだったら最強のLSDコンビになることでしょう(笑)。

17.jpg
帰宅後はコタツに入って楽しんでいます。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グリムの動画。 24-09-05 [MTB]

グリムMTBフェスティバルのコースの動画、投稿者のfunkeerideさんから正式にOKもらったのでアップします。



動画を見ても分かるようにこれだけダウンヒルパートが長いということは、登りパートも多くレースペースでもあるので、苦しさのあまり心臓と肺が口から飛び出しそうなくらいだし、胃液逆流スペシャル! 口の中が血の味オーバーマウンテン!な恐ろしいコースでもあるんです。

ただ・・・冷静に思い返しても、今回のレース中に 【 前を走る選手に下りで追いついてしまって先に進めず悶々とする 】 といった時が本当に多かったです。
多度山で僕と一緒に走ったことのある人なら分かりますが、決して僕は下り系ではありません。どちらかというと尾根沿いの道を山の中を楽しみながら走るのが好きなんです。下りでは他の人を待たせてしまうというか、モタモタと遅いんです。。。。
でも・・・石がゴツゴツと転がる多度峡の下りを走ってるので、グリムのような土の下りは本当に安心してぶっ飛んで行けるのが良かったのかも。多度練(多度で練習)の成果はありますね。
ロードで二之瀬や長島周回の練習コースがあるように、MTBでも多度山で走りこむ意味はあるんだなと、違う場所で走ってみると本当に大きいと感じたものです。
もちろん対向者もないガンガンのレース中の集中力とアドレナリン全開!ってのもありますけどね。
もちろん登りパートではノロノロと狭いコースの蓋をしていたことは間違いなく・・・・(略)

421657_312955398803173_362050238_n.jpg
本当・・・MTBだろうがロードだろうが、このヘビメタ腹回りじゃぁ坂は登れませんわ。。。。

************

面白い動画を見つけました!



ちなみにこの時の僕はスポーツクラスに出場して早々にぶっ千切られています。。。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グリムMTB 24-09-02 [MTB]

20120902.jpg
今日はグリム冒険の森でMTBレース。相変わらずの苦しいコースでも本当に楽しい大会でした。

いろいろ書きたいこと盛りだくさん。久しぶりにHP更新して書きますね。

IMG_4651.jpg
子供たちも大満足の様子です。本当に楽しくて大好きな大会です。




nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

一日多度。 24-08-05 [MTB]

今日は一日多度。

8/4(土)
IMG_1980.JPG
町内盆踊りの時に仲のいい子供達、親同士も仲が良く(子も同級生・親も同級生)、多度峡の天然プールに行く話がまとまりました。

その瞬間から僕の頭の中は多度で朝練!となったわけです。自走で行ってMTB楽しんでプール入って帰りは車と。いい流れですしね。

8/5(日)
□第一部 ~多度で朝練~
IMG_1982.JPG
朝は自走、重たいMTBでの平地移動となり汗まみれドリンクを次々と空にしながら、暑い暑いと悪態をつきながらも、木曽三川を渡り緑濃厚な多度が見えてくるとテンション急上昇でした。

IMG_1987.JPG
朝の天プー、MTBが置いてありクールダウン中の人も。僕が↑の写真を撮っていると多度タッキーさんで声をかけてもらいました。
すでに一本降りてきたとのことでしたが驚いたのが引き締まった身体つき!そりゃもう・・・・決して僕はソッチ系統の人間ではないですし、純粋にスポーツマンといった目で見てるんですが本当に惚れ惚れする肉体美でした。手前ぇの肉厚ぶりが情けないくらいでした。

で、カメラは封印して多度峡コースからスタート。自走区間はタイヤの空気圧もパンパンに入れてありますがここからは2.5くらいで。目標タイムも設定はしていないものの当然足つきなしは大前提でした。

大汗流しながらもしばらく行くとMTBを押して上っている女性ライダーの姿が。近づくにつれどこかでというよりは何度も何度も見た後姿が・・・・。スキーの後輩でもあり糠山山岳会の仲間でもありMTBの下りは早くても上りはアッサリ降りてしまうマキちゃんでした。ショップの人たちとヱビスを降りるとのこと。
僕は降りたくなかったので少し会話してスルー、早朝からいろんな人に会うもんだ、やっぱり多度は楽しいなといい気分で上っていました。

今朝は完全ドライコンディションで上りも調子よかったですが、痛恨の足つき一回、旧スカイラインの辺りで何でもないけど傾いた石に乗り上げた時でした。ん~その後の簡易舗装になる手前や簡易舗装の所の壁を頑張っただけに無念です。

展望ベンチで休憩した後は尾根道を行こうとしたものの・・・・


IMG_1990.JPG
草ボーボーというか恐ろしさを感じるレベルの草で進むことを断念しました。半袖ジャージにレーパンなのでマムシとかヒルとか蜂とか・・・・とりあえずあきらめていましたし、携帯の電波が入るのか『早く降りて来い、もうすぐ着くから荷物運べ。』と家族からも連絡が入っていたので尾根道を少し行ったり来たりして多度峡を降りました。

IMG_1991.JPG
僕のようにDHは恐ろしすぎ、尾根道を上り下りする乗り方が好きなタイプのMTB乗りには面白くない時期かもしれませんね。もう少し草が少なくなるまでは単に練習のような感じになってしまいそうです。


□第二部 ~多度峡天然プール~
IMG_1992.JPG
下山後はクールダウンとそのままザブーン!

IMG_1999.JPG
今日は金魚を1000匹放流して獲り放題!の夏のイベントの日でもありピーク時はすごい人でした。

□第三部 ~天プーで沈~
この写真を撮ってしばらくして僕も暑くなりサブーン!背中のポケットにiphone入れたまま・・・・。はい、文字通り沈でした。
データは吸い上げることができましたが動作が変です、あちこちに発信してますし僕から訳の分からない着信かメールがあればそのせいですので。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グリムMTB中止。 23-09-03 [MTB]

グリムMTBフェスティバルが正式に中止決定となりました。

少し西にそれた台風の進路からひょっとしたら・・・・なんて淡い思いもほんの少し持ちつつ、滋賀県日野町よりももっと台風から離れている名古屋でもゴォーゴォー荒れている天気を考えれば中止も当たり前、現地の山の中はもっとすごいだろう、と思ってしまいます。


CIMG01581.jpg
だいたいアナウンス席のやぐらだって組んでないでしょう。


頭では完全に理解できるこの中止決定も気持ち的に『モヤ』っとしたものが晴れないのが、それだけ大会を楽しみにしてたことの裏付けなんだな、と今になって思ってしまいました。


CIMG9795.jpg
来年まで
CIMG9787.jpg
楽しみに待っています。





明日は、自転車整備台風の後片付けだな。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

グリムMTBと台風12号。 23-09-02 [MTB]

本当に台風来てますね。しかも来るのが遅くなってません?


2011y09m02d_084548015.JPG
9月4日(日)の午前3時でまだ滋賀県は暴風域っぽいです。


もう、久しぶりにペッコリ凹みました。


普通に報道を見てたので週初めから台風が来るのも分かっていましたが、脳内逃避というかグリムMTBレースと台風を関連つけることができていませんでした。


Twitterで中止になるかもしれないと知り、いやどう考えても進路的にも日程的にもやばいでしょう、と自分自身で受け入れた時のショックは大きかったです。
大会当日は台風一過かもしれませんが、グリムMTBはもちろんMTBレースでもあり山の中を走り回るコースですので倒木や土砂崩れとかの危険も大きいと思います。


レース開催するかどうかは前日の土曜日朝に発表とのことですが、その大会前日に台風通過となれば、コース整備や点検も不可能でしょうし、大丈夫そうに見えても地盤が緩んでいたり・・・ナドナド。
普段のノーマルお気楽お調子者の状態だった僕が、一気にマイナス思考のネガティブ男になってしまいました。こうなるとなかなか抜け出すことができないのが僕の悪いところでもあります。


グリムMTBは嘔吐感炸裂の苦しいコースですが(リトルワールドの様に上って下って曲がってばかりです)、チームで走り続けるエンデューロならではの楽しさがいいんでしょうね。
それに運営が本当に気持ち良く、レースに参加する以上に運営側も選手側も大会を盛り上げる一体感がたまらないということもあるでしょう。


レースでもあるので正式に中止となるまでは気持ちを切らさないようにはしなければいけませんが、天気図を見る限り・・・・・。


というか僕が運営側だったら危なくて開催できませんよ!






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ